So-net無料ブログ作成
検索選択

中野美奈子 激怒 離婚 [芸能]



スポンサーリンク




中野美奈子 激怒 離婚

元フジテレビのアナウンサー中野美奈子さん

w09-0156-130116.jpg

2013年1月28日に発売された

【送料無料】Numero TOKYO (ヌメロ・トウキョウ) 2013年 03月号

内のインタビューで局アナ時代は地獄だったと

告白しています。

中野美奈子さんは、放送後、VTRをチェックした先輩から

「おまえには本当にニュースを読むセンスがない」

とダメ出しされ、

「あまりにも下手だから辞めろ」

とニュース読みから外されたとし、つらかったと告白して

います。

中野美奈子さんはそれで自信喪失、人と会うのも避けるように

なり、欝っぽかったとも語っていたそうです。

そして中野美奈子さんは

「局内のトイレにひとりでいるときがいちばん楽しかった」

とも語っていたそうです。


しかし、それに反撃してきたのが、古巣のフジテレビ。

当時のディレクターが反論した内容が出ています。

以下がその一部ですが、

「ニュース原稿で、中学生でも読める漢字が読めない。

金庫をチンコ、一目をイチモツ、冗談としか思えない誤読

に苦情だらけだった。ルビ(ふりがな)を振ってあげても間違えて、

それを指摘されるとふてくされ『ルビが小さい』だの

『仕事が多すぎるせい』だの捨てゼリフを吐いて女子トイレに

立ち去る。怒られて当然だった。」

と語っています。

確かに冗談のような誤読だし、中野美奈子さんの言い間違い

は有名だったようで、少し調べるといっぱい出てきます。

中でも有名なのが、野球での「左投左打」を「サトー・サダ」

射撃場を射殺場と読んだりといっぱい出てきます。

確かに、ニュースでは正確に情報を伝えるのが仕事ですから

こういういい間違いが連発されると叱責されても仕方ない

気がします。

しかし、今の世の中、ただ叱責して、鬱の原因としてしまって

は問題ですよね。

中野美奈子さんは人気女子アナのランキングでは常に上位

にいたこともあり、かなり態度に問題があったと関係者は語って

いるそうです。

いろいろと扱いについて問題があったのかもしれませんね。


しかし、フジテレビ退社後もこういった話が出てくるというのは

話題性としてはたくましいのかな?なんて思ったりもしたり

します。


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。