So-net無料ブログ作成

重力平衡形状 性質 [雑記]

重力平衡形状 性質

ネットでここ最近”重力平衡形状”というものが検索されているらしい。

ということで、話題の”重力平衡形状”なるものについて調べてみました。

そもそも重力平衡形状って何?ってことですが、

重力と星の内部の圧力のつり合いによって決まるというもので、星が大きく

なるにつれて丸くなる。

ということらしい。

20130117_108089.jpg

そして、地球にあてはめるとエベレストくらいの高さが限界であり、

建築技術が進み、地震対策もできたとしても、どんなにしっかりした

基礎があろうと、エベレストより高い超高層ビルを建てたとしたら、

下層部からゆっくり広がるように溶け低くなってしまうといいます。


重力平衡形状という言葉自体初めて聞きました。

しかし、この重力とのつり合いのために星は丸くなるといわれると

そうだったのかと思い返す結果になります。


学術的な話だし、エベレストより高い建物というと現実的では

ないのかな?と思うのであまり身近な話題ではないのですが、

どうやらYahoo! JAPANトップの映像トピックスに載ったことで

このキーワードが検索上位にあがってきたようです。

ただ、実験として、エベレストに何か塔でも建てれば、この

重力平衡形状の力が働いて、建物かエベレストが低くなって

しまうの?って疑問もわいてきたりします。

そのあたりの解答を得るには私のにわか知識ではまったく

見当もつきません。

勝手にですが、なぞは深まるばかりです。

石原都知事 辞職 新党結成へ [雑記]

東京都知事である、石原慎太郎都知事が本日26日の15時から

会見を開いたようです。


20121025-00000905-yom-000-view.jpg

石原知事は

「今日をもって都知事を辞職する。国会に復帰しようと思っている。

新党を立ち上げて仲間とやっていく」

とコメントしたと伝えられています。

また、同会見で、憲法改正への意欲をみせ、尖閣諸島に船の

避難場所が必要との見解を示したそうです。



つまり東京都知事の辞職会見であるとともに、国政復帰つまり

衆議院選への出馬を表明したようなかたちでしょうか。

さらに新党を立ち上げるということですが、橋下徹さんとの連携

については今のところ情報は入っていません。



しかし、ついに来たかという感じですね。

少し過激なところもありますが、今の日本にはこれくらい行動力と

言動がぶれないようなしっかりした人が必要なように思います。



今の民主党、自民党には少しがっかりさせられることばかりで

次期衆院選も投票をどうしようかと悩むところでしたが、これは

面白くなってきました。

まだ、これからというところで、新党結成したとしてどのような

メンバーが加わるかわかりませんが、強力な対抗馬になるのでは

ないでしょうか?


しかし、石原慎太郎さんも、もう80歳。

現在健康ということですが、国政に復帰しても健康への懸念は

付きまといます。

ですが、ここまできたら長生きして国政でもバリバリやってほしい

ところですね。



なお、東京都知事選は、辞職の申し出から50日以内に行われるそうです。

ジョセフ・メリック エレファントマン 病名解明 [雑記]

ジョセフ・メリック エレファントマン 病名解明


ジョセフ・メリックという名前ではあまり知られてませんが、

=> エレファント・マン

としてなら映画の題名として知っている人も多いのではないでしょうか?

このエレファントマンという映画は生まれつき奇形で見世物小屋に立たされていた

青年、ジョセフ・メリック(またはジョン・メリック)の半生を描いた作品です。


このジョセフ・メリックは実在した人物であり、実際の彼の写真や頭蓋のCT画像

などが残っています。

me05.jpg

220px-Josephmerrick1889.jpg

ジョセフ・メリックは生前、自分の遺体を保存し病気の原因を解明して

ほしいと言い残しており、彼の死後、亡骸各部の石膏型および骨格標本

が現在もロンドンの病院保存されているようです。

皮膚などの組織標本も保存されていたようですが、第二次世界大戦下で

失われたとのこと。




その遺言に基づき、彼の死後122年を経て病名解明のため

DNAによる診断を行うようです。

ジョセフ・メリックは生後21カ月ごろから身体に変形の兆しを見せはじめ、

左腕などを除く皮膚、骨格の大部分に特徴的な膨張と変形をきたしたそうです。

症状の進行につれて仕事もままならなくなり17歳で救貧院に入るが、明るい

見通しが持てず、21歳で見世物興行に働き口を求めたそうです。

興行師には寛大に扱われたといい、実際に自活できるだけの収入も得ることが

できたといいますが、社会的に見世物小屋を排斥する風潮が強まり失職し

ロンドンへ辿り着いたところを、以前に診察を受けたことのある

医師フレデリック・トレヴェス保護されたそうです。


彼の病気は「エレファントマン病」と言われてましたが、CT画像などから

100万人に1人の割合で発症するといわれている「プロテウス症候群」と

呼ばれる遺伝子変異によるものと報告されていました。

今回のDNA鑑定によって彼の病気が本当に「プロテウス症候群」であったの

かどうかが明らかにされるようです。

順調にいけば来年の後半には結果がでるとのことです。

モンスターエナジードリンク 危険 [雑記]

アサヒ飲料が5月から出ている、モンスターエナジーですが、危険ではないかと

騒がれています。

P1340373_m.jpg

というのも、昨年12月に米メリーランド州で大きなサイズのモンスターエナジーを

2本飲んだ14歳の少女が、不整脈で死亡したという記事が原因のようです。

米食品医薬品局(FDA)は「モンスターエナジー」を飲んだ後に亡くなった人が

過去3年間で5人にのぼると発表しています。


この大きなサイズのモンスターエナジーは700mlで、2本の含有カフェイン量は

480ミリグラムになるようです。

P1340394_m.jpg

コレはコーラ(350ml)に含まれるカフェイン量の14倍にものぼるようです。

未成年には結構な量で死亡した少女は

「カフェインの毒性による心臓の不整脈」

と言われています。

さて、気になるのは日本で売られている「モンスターエナジー」は大丈夫か?

ということですが、モンスターエナジーを販売しているアサヒ飲料の親会社である

「米国で販売しているものより容量が小さい。中身も日本の法規制にあわせて変えている」

としています。


まだはっきりしたことはわかっていないのですが米食品医薬品局(FDA)が調査

を続けているとのことです。


飲んだのが未成年でカフェインの解毒作用をする肝臓が未発達だったからでは

と言われてますが、何にせよ飲み過ぎ、とり過ぎは良くないということなんでしょうね。

iPad mini 11月2日 発売 価格 [雑記]

iPad mini 11月2日 発売 価格

アップルはかねてから噂されていたiPad miniの発表を行いました。

20121024-00000000-jij_afp-000-view.jpg

iPad miniが発表されたイベント時にはiPad  Retinaディスプレイモデルも発表

されてましたね。


さて、iPad miniのスペックですが、CPUとしてはデュアルコア「A5」を搭載。

ディスプレーは7.9インチのIPS液晶を採用し、解像度は1024×768ドット。

容量は16/32/64GBで、Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルがあるようです。

Wi-Fiモデルは、Bluetooth 4.0、IEEE 802.11a/b/g/nに対応。

Wi-Fi+Cellularモデルは、さらにLTE、HSPA、HSPA+、DC-HSDPAをサポートしています。

そして気になるバッテリー駆動時間ですが、Wi-Fiモデルは最大10時間。

Wi-Fi+Cellularモデルは最大10時間。ただし3Gの場合は9時間とのこと。


本体サイズは
w:134.7mm
h:200mm
d:7.2mm

重量
Wi-Fiモデル:308g
Wi-Fi+Cellularモデル:312g


そして気になる価格ですが、

Wi-Fiモデル

・16GB 2万8800円
・32GB 3万6800円
・64GB 4万4800円

Wi-Fi+Cellularモデルは、ソフトバンク、auから発売予定で

・16GB 3万9800円
・32GB 4万7800円
・64GB 5万5800円

となっています。



もう少し安くなるかと期待してたんですが・・・

気になる商品ではあるのですが、キャンペーンとかで安くならないかな?

しし座流星群 2012 11月 [雑記]

しし座流星群 2012 11月


先日、オリオン座流星群が極大ということで、夜空を見上げた人も

多かったのではないでしょうか?

今度はしし座流星群をみる準備をしてみませんか?


しし座流星群は11月10日~11月23日くらいに観測できるとのことですが

流星群が多くみられる極大日は11月17日19時頃と予測されています。

20121117.jpg

しし座流星群は、「テンペル・タットル彗星」の軌道を地球が通る時に、

この彗星が残していったちり地球の大気に飛び込んで光って見えるものです。



しし座流星群といえば2001年の1月のものが有名で、その時は一晩で数千

もの流れ星が流れ落ちたそうです。

ピーク時には1時間に二千個くらい流れたらしいですね。


さて、今年はどうでしょう?

今年の観測最適地はアメリカだそうで、極大時間は日本では夕方だそうです。

しかも残念なことに日本ではしし座が東の空に昇ってくるのは真夜中過ぎです。

ということは極大時間は通り過ぎてからの観測ということになります。

ということで18日の月齢をみてみると4と三日月よりちょっと大きいくらい。

月明かりは少なく条件はよさそうです。

ですが今年は大出現というわけでもないので、1時間に数個~10個程度ながれる

のでは?という予報です。


時間も時間ですので、ちょっと見てみようかというくらいの気持ちではつらい観測に

なるかもしれませんね。


しかし、過去には大出現の記録は多く残ってます。

1799年には1時間あたり100万個という流星が流れ、空が一面流星で覆われたと記録されてます。

1833年には1時間に五万個という雨のように流れる流星群が出たとの記録。

1866年には1時間に6000個という流星群が流れたとの記録。

1966年には1時間に約十五万個の流星が流れるが、観測できたのはアメリカのごく狭い範囲のみ。

2001年は記憶に新しく、観測適地では1時間に3000~4000個程度流れたそうです。


この極大周期は33年と言われてます。

なので次は2034年前後でしょうか。

人生で一度でいいですから1時間に数万個という、空一面が流れ星で覆われるような神秘的な

現象をみてみたいものですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。